top of page

Children of the discordance 2021年春夏をミラノファッションウィークオンラインで発表


Children of the discordance 2021SPRING/SUMMER COLLECTIONが、ミラノファッションウィークの公式デジタルプラットフォームで発表された。

テーマは「The Protect Archives ll」

映像製作は日本を代表するスケートカンパニー"EVISEN SKATEBOARDS"が担当。

【デザイナー志鎌英明コメント】

どんなに名作と言われるArchiveでもサイズが小さかったり、汚れがあったり、穴が空いて着にくくなったものは世から自ずと消えて行きます。 COTDはそんな消えていきそうなArchiveをスクリーンショットの様にチョップして保護し、再構築することによりアートピースを着れる服に手仕事で再生しています。

そういう保存の仕方もいいなと思い、様々な手法を試してみることにしました。 このリアリティのある保存方法は現代的でかつ意味のあるものです。 ブランド名にも入っている、Discordanceをアイテムで表現する上で大切にしている製作マインドがあり、少しでもOne And Onlyな1着でありたいという思いがあります。それにより、Vintage Fabricを様々なアイテムの細部に使用する品番が増えました。 身にまとった方が"ディスコーダンス"を感じ、少しでもVintage Fabricのパワーや手仕事による力強さを感じていただけるプロダクトになったらなと思っています。 消えゆく服を守っていく。様々な服を長年手にしてきたからこそできるアーカイブをリアリティを持たせてプロテクトすること。今期はDiscordanceをAW20に引き続き、よりリアリスティックに表現することに熱を入れました。


#Childrenofthediscordance #志鎌英明 #ミラノコレクション

Comments


bottom of page