top of page

Snow Manのラウールがジバンシィ2023年秋冬メンズパリコレクションに来場


ジバンシィは1月18日(水)、 パリで2023年秋冬メンズコレクションを発表しました。

日本からはSnow Manのラウールが来場し、自身初となるフロントロウでのショー鑑賞を満喫。2023年春夏メンズコレクションのニットスウェットや、メンズのシグネチャーアクセサリーであるGチェーンネックレス、GIVカットサングラス、TK-MXスニーカーに身を包み、会場を沸かせました。



現代のマスキュリニティという視点からメンズウェアの原型を再評価した、ジバンシィ2023年秋冬コレクション。アーティスティック・ディレクターのマシュー・M・ウィリアムズは、個々の考え方に基づくフォーマルや、気楽さ、自信といった服飾文化を表現しました。


イギリスのインディーロックミュージシャン、Bakar(ベイカー)がショーのために作曲・録音したサウンドトラックに合わせて発表されたルックには、チェック、カモフラージュ、フレイム、デニム、ブリーチ・キャンバス、グレー・マール、ネオン、ティーンエイジ・パステルなど、アメリカ特有のパターンやカラーがふんだんに用いられました。また、1960年代に創業者であるユベール・ド・ジバンシィがジーンズにジャンパーを自然に巻きつけてスカートのように着用していた姿を思い起こさせるルックは、「どのように服を着るのか」という気持ちや、ジェスチャーを服に取り入れる自己表現など、個々の着こなしのアイディアをさらに刺激しています。


コレクション全体を通して、ワークウェアの典型的なスタイルに華やかなモチーフが加えられました。スネークスキン、チータープリント、フェイクウルフファーなどは、ユベール・ド・ジバンシィが愛したインテリアの中で見られるパターンやテクスチャーからインスピレーションを得ています。バッグはリラックススタイルの『Pandora(パンドラ)』や、『Voyou(ヴォワイユー)』のメッセンジャーバッグなど、ウィメンズのアーカイヴから影響を受けたモデルが登場しました。


bottom of page