top of page

KIDILL 2024年春夏コレクション


デザイナー末安弘明が手がけるKIDILLが2024年春夏コレクションをパリで発表しました。

タイトルは "HERESIE CHILDREN"


デザイナーにとってパンクが様式美ではなく、精神のあり方や態度を意味していることをこれまで以上に明確にしたコレクション。社会に対峙し、ことあるごとに、「巻き込まれずに、我にかえりたい」という実直な衝動にかられているのだとデザイナーは話します。これは、アルゴリズムやマジョリティへの悪意なき反抗とも言い換えられ、2024 年春夏においては、「真似ができない自分の手を入れる価値そのもの」となって彼自身がかつて、DIY で服作りをはじめた初期衝動に大きく回帰しています。


さらに今季は「少数派の精神や思想」というイデアに着目し、それらの研究におけるサタニズムのあり様を、コレクションを特徴づけるグラフィックやテキスタイル、ハンドメイドのヘッドピースなどに落とし込むことで、軽妙に引用しています。


パリという王道的潮流のうちにいて、よりアウトサイドであろうとするデザイナーの精神が感じられるコレクションが披露されました。


Comments


bottom of page